charm
着こなし広がる特別な色の組み合わせ「アズーロ・エ・マローネ」
着こなし広がる特別な色の組み合わせ「アズーロ・エ・マローネ」

スタイリングテクニックの一つ「アズーロ・エ・マローネ」。アズーロとはイタリア語で青、ブルーやネイビーのこと。そしてマローネは栗色、ブラウンやベージュのこと。つまり「青×栗色」というカラーの組み合わせが「アズーロ・エ・マローネ」です。イタリアでは定番のスタイリッシュな配色とされており、日本でも昨今認知度が高まっている人気の組みあわせです。本来青と茶という色は、補色の関係なので組み合わせるとそれぞれが非常に際立ちます。そのためその使いこなしにはセンスが求められるのですが、うまく着こなすことができればあなたのスタイリングテクニックを大きく向上させくれる組み合わせなのです。

定番のネイビーをベースカラーとしてブラウンのアイテムを合わせる 定番のネイビーをベースカラーとしてブラウンのアイテムを合わせる 定番のネイビーをベースカラーとしてブラウンのアイテムを合わせる 定番のネイビーをベースカラーとしてブラウンのアイテムを合わせる 定番のネイビーをベースカラーとしてブラウンのアイテムを合わせる 定番のネイビーをベースカラーとしてブラウンのアイテムを合わせる
定番のネイビーをベースカラーとしてブラウンのアイテムを合わせる

アイテム、カラーのトーンなど組み合わせの自由度の高い「アズーロ・エ・マローネ」。初心者なら定番のネイビーのスーツにブラウンのシューズやベルト、茶系のネクタイなどを合わせてみるところからはじめてみてはいかがでしょう。

定番のネイビーをベースカラーとしてブラウンのアイテムを合わせる 定番のネイビーをベースカラーとしてブラウンのアイテムを合わせる 定番のネイビーをベースカラーとしてブラウンのアイテムを合わせる 定番のネイビーをベースカラーとしてブラウンのアイテムを合わせる 定番のネイビーをベースカラーとしてブラウンのアイテムを合わせる 定番のネイビーをベースカラーとしてブラウンのアイテムを合わせる

パーソンズなら「アズーロ・エ・マローネ」にふさわしいネクタイやシューズ、ベルトなど豊富なアイテムの組み合わせが楽しめます。まずはトーン抑えめの「マローネ」のアイテムから、徐々にコントラストの高い青×茶の組み合わせや、アイテムの色の面積比を変えるなど、様々なコーディネートにチャレンジして、「アズーロ・エ・マローネ」を自分なりに楽しんでみてはいかがですか。

濃いトーン、淡いトーン様々な組み合わせを試してテクニックを磨く 濃いトーン、淡いトーン様々な組み合わせを試してテクニックを磨く 濃いトーン、淡いトーン様々な組み合わせを試してテクニックを磨く 濃いトーン、淡いトーン様々な組み合わせを試してテクニックを磨く
濃いトーン、淡いトーン様々な組み合わせを試してテクニックを磨く

「アズーロ・エ・マローネ」でも、特にセンスが求められるのはマローネ、つまりブラウン系のカラーをメインとした場合です。例えばブラウンのスーツにブルーのシャツを合わせるとイタリアンな着こなしに変わります。

濃いトーン、淡いトーン様々な組み合わせを試してテクニックを磨く 濃いトーン、淡いトーン様々な組み合わせを試してテクニックを磨く 濃いトーン、淡いトーン様々な組み合わせを試してテクニックを磨く 濃いトーン、淡いトーン様々な組み合わせを試してテクニックを磨く 濃いトーン、淡いトーン様々な組み合わせを試してテクニックを磨く 濃いトーン、淡いトーン様々な組み合わせを試してテクニックを磨く

彩度の高いブラウンやベージュのスーツはハードルが高いならネイビーやダークブラウンなど濃×濃カラーの組み合わせからはじめ、テクニックを磨いたらベージュや淡いブルーなど淡色系を使った「アズーロ・エ・マローネ」に挑戦してみてもいいでしょう。パーソンズのスーツやアイテムを使い腕を磨き、ビジネスシーンにこのテイストを取り入て、あなたのスタイリングの幅を是非広げてください。